原油の値上りとプラスチック価格の変動
2014/01/21
 4月の消費増税と2020年の東京オリンピックが決定したことで、日本の財政再建と当面の需要創造は、少しずつ進んで行くこととなりました。
また、消費増税後の経済対策も打ち出されますが、為替はこれ以上大きく円安に振れることは当面は無さそうであります。
 しかしながら、私共プラスチック業界では、昨年からの円安による輸入価格の値上がりと、原油及びナフサの値上がりで、プラスチック原料の値上がりが始まりました。今年はインフレの始まりの年になるかもしれませんし、私共のプラスチック製品の値上がりもありそうです。
原油価格については、経済情勢にも大きく影響を受けますが、昨年からアメリカがシェールオイル、シェールガスを発掘し始めておりますので、当面は大きく変動が無いかと考えます。
 


※ここに表記する原油価格は、日本国内に実際輸入されている価格です。