トップページへ 新村の活動 リサイクルの基礎知識 環境リンク集
容器包装リサイクル法とは
容器包装リサイクルの仕組み
品目別リサイクル方法
容器包装リサイクル協会概要
新しい時代を生きるための新しいルールがあります。
容器包装リサイクルのしくみ
(1)協会が行う事業
  ■法に基づく特定事業者等からの受託による分別基準適合物の再商品化の実施
■ 容器包装廃棄物の再商品化に関する普及及び啓発
■ 容器包装廃棄物の再商品化に関する情報の収集及び提供
■ 容器包装廃棄物の再商品化に関する内外関係機関等との交流及び協力
    
 【実施予定】
■PETボトル、ガラスびん関係の特定事業者等からの依頼に基づき、再商品化義務を代行するために、特定事業者等から再商品化受託料を徴収し、市町村において収集された分別基準適合物を、再商品化事業者に委託して再商品化を行います。(平成9年4月〜)
■全国主要都市において市町村等の関係者を対象に本財団の役割及び業務内容等につき説明会を開催します。


 【今後予定】
■本財団の役割等を網羅した業務案内パンフレット等を作成し、特定事業者、市町村、再商品化事業者、市民団体等広く関係方面に配布します。(今後予定)
■会報の発行を通じ、特定事業者、市町村をはじめ本財団の賛助会員等に対し当財団の事業の進捗状況等の情報の提供を行います。(平成9年4月〜)
■平成9年度から分別収集の実施の意向を有する市町村並びに清掃事業において全人口の9割をカバーする市町村の声を集約する全国都市清掃会議等関係者との会合を通じ情報の調整を図ります。
(2)代表者等
  本財団法人の理事長に稲葉興作日本商工会議所会頭、副理事長に林周二明治学院大学教授,専務理事に上野明 前日本コカコーラ(株)顧問が就任しています。
(3)本財団連絡先
  住所 東京都港区虎ノ門1−14−1 郵政互助会琴平ビル
電話 03−5532−8596
FAX 03−5532−9698
ページトップへ 環境リンク集へ