トップページへ 新村の活動 リサイクルの基礎知識 環境リンク集
リサイクルの基礎知識
容器包装リサイクル法とは
容器包装リサイクルの仕組み
品目別リサイクル方法
  ガラスびん
  ■スチール缶・アルミニウム缶
 

■PETボトル

  ■古紙
容器包装リサイクル協会

 私達は豊かな時代に生活しています。それに伴い様々な便利なパッケージを生み出し、消費してきました。ガラスびん・缶・ペットボトル・古紙…ここでは分類できる代表的な種別のリサイクル方法を品目別に学んでいきます。

リターナブルびんとワンウェイびん
   ガラスびんには回収して何度も使用される「リターナルブルびん」(ビールやジュースのびんなど)と、一度の使用で捨てられる「ワンウェイびん」(ドリンク剤や調味料のびんなど)の二種類があります。したがって、リサイクルの方法にも再使用と再資源化(新しいびんを作る際に原料として使う)の二通りがあります。


  まず、リターナブルびんの場合、回収されたあきびんは洗って殺菌した後、再び使用されます。一方、ワンウェイびんは、無色(透明)、青・緑、茶色などの色別に分けて回収された後、細かく砕かれてカレットというびんの原料になります。また、何回か使用して使えなくなったリターナブルびんも砕かれてカレットとして使われます。
ガラスびんのリサイクルの現状
 

 まず、主なリターナブルびんの回収率について見ますと、ビールびん99%、一升びん83%となっています。(平成6年、全国壜商連合会調べ)。

 また、ガラスびんを生産する時に使用されるカレットの割合(カレット利用率)は、平成7年度では61.3%となっています。(ガラスびんリサイクリング推進連合資料より)

 
ガラスびんリサイクルの流れ
 
 
『みんなでリサイクル」(財)クリーン・ジャパン・センターを参考に作成
 
ページトップへ スチール缶・アルミニウム缶